SERVICES

海外展開とは

本社経営、輸出、現地投資 それぞれが かみあってこそ。

本社経営(管理,開発,生産,販売),輸出(F/S,販路開拓,受注,輸送,代金回収),パートナー/ディストリビューター(販売代理店設置,販路構築,広告宣伝,アフターケア),投資(F/S,会社設立,用地選定・建設・調達・物流,雇用・税務・法務,操業開始/事業運営)

海外展開の各ステップ

うる(取引)輸出/内販/現地から輸出:F/S→販路開拓/販路構築→受注→輸送→代金回収,つくる/運営する(投資)工場・店舗・事務所・子会社設立:F/S→会社設立→用地選定・建設・調達・物流→雇用・税務・法務→操業開始/事業運営
  • * F/S … Feasibility Study 実現可能性調査
  • ** つくる の操業開始後に うる のF/Sを実施するのは高リスク。その場合は つくる と うる 両方のF/Sを同時に進めます。

お気づきですか?
ムズカシイのは 最初と最後。

なぜ F/S 販路開拓 現地子会社運営 はムズカシイのか?必要な能力:F/S=調査設計の質とセンス,販路開拓=仮説立案の検証とアイデア,現地子会社運営=国際ビジネスの実践知と異文化適応のノウハウ

試行錯誤の末の 貴重なセンス、アイデア、ノウハウだから。
国内市場の発想のままで、自然に身につくものではないから。

問題解決のためのサービスは
現在たくさん展開されています

WEB制作,進出サポート,マッチング,海外ブランディング,展示会,販売代行,市場調査,顧問サービス,eコマース,現地視察同行,テストマーケティング,SNSプロモーション,投資ミッション,インバウンド支援

さあ、何からはじめますか?
例えば、輸出に必要なアクションは下記の通り

海外営業,情報収集,マーケティング,貿易実務,輸入・流通規制準拠,英語習得,異文化適応,知財・リスク管理,ブランディング

これら全部、自社で出来るようになります。
わたしたちがご一緒すれば。

そして海外展開をつづけていくと
でてくる難所。
準備は万全ですか?

難所をうまく乗り越えないと起こること:異文化適応=メールの返事が来ない,情報収集=行動につながらない情報を収集し続けてしまう,マーケティング=戦略のズレに自覚がない,輸入・流通規制準拠=準拠コストで進出が頓挫してしまう,貿易実務=利益が出せない,英語習得=リスクをリスクと理解できていない,海外営業=次の手が打てない,ブランディング=価格競争に巻き込まれる,知財・リスク管理=競合先から訴えられる

大丈夫
難所は自社を強くする絶好の機会になります。
その為にわたしたちがご一緒します。

パコロアのサービス

海外展開を はじめる力と つづける力を 身につけて
3年以内に 自社だけで 海外ビジネスが出来るように
専属のコンサルタントがOn-the-Job Trainingにて
みなさまを しっかり お導きします

規制リサーチ,市場競合分析,社内体制づくり,ビジネスモデル検討,海外展示会出展・海外営業,契約・交渉,海外向けWeb・ブランド強化,英語メール・ビジネス英会話

わたしたちがご一緒すれば
自社にノウハウが蓄積でき 
海外展開のしくみが会社にのこります

海外展開とは何か?
それは新しい経営の柱をゼロからつくること
まずは自社の現状を冷静に把握するところから スタートです!

↑Page Top