自社で、海外展開する

必要なのは
はじめる力とつづける力。


Scroll Down

Why?海外展開 5つのなぜ

今なぜ、海外展開が必要?

人口減少により国内需要の拡大が見込めない為、海外需要に期待が集まっています。一方50%超の中小企業が人材・情報不足を理由に海外展開には未着手です。

中小企業に海外展開は必要?

インバウンドを含め多くの中小企業に海外展開や国際化するメリットはあります。実際に中小企業の海外投資と輸出は2000年と比較すると1.5倍に増加しています。

海外展開はどの中小企業でも実現可能?

残念ながら現実的にはごく限られた中小企業だけが海外展開を継続しています。

例えば実際に直接輸出を構築している中小製造企業は全体の3.5%わずか8198社に過ぎません。

2016年の中小企業総数…3,809,000社
その内の製造企業数……268,552社
直接輸出製造企業数………8,198社
規模別に見た直接輸出企業数と割合の推移(製造業)
出典元:
■中小企業・小規模事業者の数 中小企業庁 2016年1月29日
  » 中小企業・小規模事業者の数等(2014年7月時点)の集計結果を公表します
■2016年版 中小企業白書
  » 2016年版中小企業白書の概要
  » 中小企業・小規模事業者が担う我が国の未来
  » 中小企業における海外需要の取り込み
…続きを読む

なぜ『自社で』海外展開が必要?

自社で海外展開できる力を努力して身につけるプロセスそのものが海外市場でも戦える基盤をつくるからです。

海外展開を加速させるために商社や他の販売・進出支援会社等に情報収集、新規開拓、現地交渉を委ねることは効率的な方法の1つではあります。しかし海外展開を安定して継続させるためには面倒なプロセスこそ第三者に任せきりにせず“自社でもできる”という選択肢を持っておくことが重要です。なぜなら現地を実際に歩き、直接顔を見て話し、汗をかきながら試行錯誤し、リスクを理解した上で自社で意思決定することで初めて享受できる海外展開のメリットもあるためです。

自社で主導権を持って海外展開するメリット7つ:

  • ① 現地市場や顧客の一次情報を把握することでより正確で迅速な意思決定ができる。
  • 例えば、
  • ② 価格、プレイヤー、ルールが未形成の業界や市場をかぎ分け独自のビジネスモデルで参入する機会を察知できる。
  • ③ 競合の動きから競合の将来を逆算し自社商品の方向性や開発に反映できる。
  • ④ 二次情報では気づけない”肝心なところ“を適宜、能動的戦略的に確認できる。
  • 加えて、
  • ⑤ 海外展開プロセスノウハウが会社の知的資産となりその後の他国への輸出や投資の横展開が自社だけで出来るようになる。
  • ⑥ 自社にて直接貿易、あるいは他社を経由して間接貿易等、商品や国の特性別の販売ルートの選択肢が増える。
  • ⑦ 現地企業との直接取引を通じ不測の事態と即断即決に直面することで、常にプランBプランC等のバックアップ体制、高速PDCA経営が標準装備され、結果として不況に強くなる。

…いかがでしたか。
これから海外需要を取り込む中小企業にとり、自社で海外展開を推進する力があれば、競合企業にない優位性が保持できます。国内市場と同様に海外市場でも、当たり負けしない真の力強さを発揮してみませんか。

自社で主導権を持って海外展開するメリット7つ…はこちらから

なぜ中小企業の海外展開ならパコロア?

パコロアではゴールにつながる試行錯誤をOJT (On-the-Job Training)で身につける、というサポートを実施しています。

3つの特徴でみなさまの国際化を加速させます。
まずOJTで適切なフィードバックを得ながら海外展開を進めることで頭の中だけで把握していることを実際にできることに変えていくことができます。次に不要な試行錯誤とゴールにつながる必要な試行錯誤を見極められるようになるため時間を短縮できます。最後に常に仮説力を鍛えるOJTにより将来の不測の事態の際にもその時点での最善の解をご自身で出せるようになります。海外展開が自社だけで出来るようになります。

わたしたちパコロアは海外展開がみなさまのあたり前の力になるための国際化支援OJTサポートを行っています。

…続きを読む

SERVICESサービス内容

海外展開を はじめる力と つづける力を 身につけて
3年以内に 自社だけで 海外ビジネスが出来るように
専属のコンサルタントがOn-the-Job Trainingにて
みなさまを しっかり お導きします

規制リサーチ,市場競合分析,社内体制づくり,ビジネスモデル検討,海外展示会出展・海外営業,契約・交渉,海外向けWeb・ブランド強化,英語メール・ビジネス英会話

わたしたちがご一緒すれば
自社にノウハウが蓄積でき 
海外展開のしくみが会社にのこります

海外展開とは何か?
それは新しい経営の柱をゼロからつくること
まずは自社の現状を冷静に把握するところから スタートです!

サービスについての詳細ページへ

みなさまの商品が 5年後10年後
海外で普通に売れている
未来を創る会社、パコロア。

パコロアについての
詳細ページへ

Product Accepted & Loved Abroad

社名の由来  海外で受け入れられて愛される商品、というフレーズの頭文字を組み合わせた造語です。

↑Page Top